ひとり遊びとネコとご飯

休日にほぼ1人で過ごしている様子を備忘録も兼ねて書いてます。ネコ好き。飯好き。

【小田原・箱根】鈴廣かまぼこの里であげかま作り体験

f:id:na_____kya:20170921073716j:image

ブログご無沙汰してました。面白いところに行ったので、久々にアップ。

 

今回行ってきたところは、「鈴廣かまぼこの里」さん!

箱根登山鉄道風祭駅から徒歩2分ほどの、創業150年を超える老舗かまぼこ屋さんです。

 

観光地によくありがちなお土産屋かと思いきや、練り物を楽しく、深〜く知ることができ、箱根のついでに是非寄ってほしいと思えるとこでしたよー。というか、旅の目的地がかまぼこの里ってのもアリなぐらい楽しめました!

 

かまぼこの里では体験プログラムが充実しており、オリジナルのかまぼこやちくわなどの練り物作り体験ができちゃいます。

ちなみに体験できるプログラムは4種類ぐらいありましたよー

 

■かまぼこ・ちくわ手作り体験

かまぼこ職人とかまぼことちくわを手作りできちゃう、よくばりプログラム。かまぼこ職人さんが、かまぼこ板にムラなく均一に魚のすり身をのせていく技は、圧巻ですよー

所要時間:約2時間ぐらい

料金:¥1,500

開催日:水曜以外

 

■あげかま手作り体験(←体験したやつ)

魚のすり身に好きな具材を入れて、まぜまぜしてカラっと揚げる、短時間で楽しめるプログラム

所要時間:30分程度

料金:¥1,000

開催日:毎日

 

■伊達巻パフェ作り体験(←え!?)

正月とかによく食べる伊達巻を和風パフェにしちゃうという、斬新なプログラム

所要時間:30分程度

料金:¥1,000

開催日:毎週土日

 

■かまぼこどうぶつ寿司作り体験

可愛くて食べられないよー!なインスタ映えしそーな体験プログラム

所要時間:たぶん1時間ぐらい(記載なし)

料金:¥500

開催日:毎週土日

 

もっと詳しい情報はこっち

 

私は今回、30分でチャチャっと体験できる「あげかま手作り体験教室」をやってきましたよー

 

 朝9時

小田原駅から箱根登山鉄道風祭駅へ。体験プログラムができる、かまぼこ博物館やひろーいお土産屋、食事ができる施設など、風祭駅一帯は鈴廣さんが制覇しております。

 f:id:na_____kya:20170920141425j:image

↑かまぼこ博物館

さっ、入ります。まずは受付で予約の確認です。

f:id:na_____kya:20170920142258j:image

かまぼこの板をイメージしている、と思われる清潔感ある受付。受付のお姉さんはとても印象の良い対応をしてくれて、ひとまずあーんしん。

f:id:na_____kya:20170920143010j:image

ディスプレイには体験の空きも確認できるので、空いていれば当日受付もオッケーみたい。

f:id:na_____kya:20170920234249j:image

ちゃんと予約とれてた!

 

受付を済ませたら2階にあがります。あげかま手作り体験は2階だったのですが、かまぼこ・ちくわ手作り体験は1階の広い調理場で、団体さんがいましたよー

f:id:na_____kya:20170920184215j:image

f:id:na_____kya:20170920184403j:image

↑1階は手作り体験の他に、お土産やガラス越しで工場を見れたりします。かまぼこ職人さんは国家資格らしい!

 

2階に上がる途中には、かまぼこ板アートの展示などもありましたよー

 

さて、2階に着きました。

f:id:na_____kya:20170920184620j:image

かまぼこキッチンラボ!

木をふんだんに使った施設で、ここでもかまぼこ板感を押し出してきますね。

 

手作り体験の準備をします。

f:id:na_____kya:20170920185644j:image

ビニールキャップとエプロンを装着。髪の毛出ちゃっててダメですね。しっかり入れましょう。

 

さぁ、作りますよー

手を洗って、指定された席につきます。目の前には使用する道具と魚のすり身が1人1人に置かれています。

f:id:na_____kya:20170920220228j:image

右上の袋に入ったグレーのやつが魚のすり身。魚3匹のすり身らしい。魚がギュッと凝縮されて、たんぱく質摂取にはもってこいな食品ですね。でも塩分も多いから、美味しすぎても食べ過ぎは注意ですねー

 

手順は、 すり身に具材を入れたらコネコネして、好きな形に整えたら、キツネ色になるまで揚げます。

 f:id:na_____kya:20170920225429j:image

具材は桜海老、コーン、枝豆、人参の4種類。好きな具材をスプーン4杯入れます。全種類を1杯ずつでもいいし、桜海老だけを4杯なんてのもオケ。私は保守的な(?)性格なので、全種類を1杯ずつイン。

桜海老を入れると香ばしい感じに。コーンは色味と甘みをプラス。枝豆は食感がアクセントに。人参も色味が綺麗になるとのこと。

具材を入れたら、均一になるようにコネコネ。

 

目の前で担当のお姉さんが実演してくれるので、真似っこするだけ!簡単じゃーん!って思ってたら。。。おぉぉぉぉ。コネコネのあとが意外とムズイ。

 

袋の端にすり身を寄せてって、袋の端っこをハサミでチョキン。絞り袋的な感じで絞り出して、2分します。そして、手に水をつけて形を整えます。これが結構難しいのよ。お姉さんが簡単にやるもんだから、なめてましたね。

そんなこんなでなんとか形に。串を差し込んで、あとは揚げるだけ!

f:id:na_____kya:20170920230343j:image

桜海老と黒ごまをトッピングできちゃいます。

 

揚げの作業は、お姉さんがやってくれますよー

f:id:na_____kya:20170920230531j:image

私たちは見てるだけー

f:id:na_____kya:20170920230646j:image

クルッと返すと、いい感じのキツネ色!

 

お姉さんが揚げている間に、私たちはただ見ているだけかと思いきや、まだ作業がありましたよー

f:id:na_____kya:20170920230956j:image

あげかまを入れるカップをデコります。かまぼこ博物館のシール貼り放題です。絵のセンスはそっとしておいてください。

 

そして、揚げあがったよ!

f:id:na_____kya:20170920231400j:image

おおおおおお、う、うまそーだ

左のお水ももらえましたよー。箱根丹沢連山から100年以上かけて流れてきた天然水。まろやかでクセのない水でしたー

 

これで体験は終了!

キッチンラボの外にあるテーブルで、熱いうちにいただいちゃいました!

 

揚げたてのあげかまは、サイッコーでした。うますぎです。ちなみに具材は全種類1杯ずつがオススメ。価格が高いからって、桜海老ばっかり欲張って入れると、パサパサしていてちょっと微妙でした。(←一緒にいった相方のあげかま)

 

手作り体験のあとは、かまぼこの作り方や栄養素のことなどが学べる展示物を見て回りましたよー

f:id:na_____kya:20170920232635j:image

f:id:na_____kya:20170920232709j:image

お子さんの夏休みの研究にもいいですね!

 

f:id:na_____kya:20170920232909j:image

Wi-Fiとコンセントもあるよ!リモートワークもできちゃうね!椅子は絶対かまぼこ板だな。

 

今回の手作り体験は、とっても良かった!

そして、鈴廣かまぼこさんの企業努力もすごい。社是の「老舗にあって老舗にあらず」をまさしく体現してますね。さすが150年も続く企業です。(内部はいろいろあるかもですが)

 

箱根旅行を検討している方々!芦◯湖や箱◯神社、箱根彫◯の森とかもいいのだけど、ちょっと小田原辺りで、日本の伝統的な食文化に触れてみてはどうでしょーか!

 

f:id:na_____kya:20170921075325j:image

急な雨で一緒に雨宿り。水は苦手だニャ

 

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

鈴廣かまぼこの里

[PC]

https://www.kamaboko.com/sato/taiken/kamaboko.html

[スマホ]

http://www.kamaboko.com/sato/sp/

■営業時間:9時〜(施設によって異なるよ)

    かまぼこ博物館は17時まで。

■駐車場は無料(300台収容だから安心だね)

■詳しいアクセスはこっちー

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz